ウ!世界最短の名称。その名前の由来の秘密を暴露!鵜飼いについても解説!

チチクラゲ
ニーハオ。日本野鳥の会で徳島県支部長を務めていた、チチクラゲと申します。
今回は「」についてです。
世界で最も短い鳥名ですが、その名前の由来について考察していきます。また、鵜飼いについて中国と日本の違いなども述べていきますので、良かったら読んでみて下さい。

ウ科について

四国で見られるウ科 Phalacrocoraxha の鳥はヒメウ、カワウ、ウミウの3種です。

カワウ(若)・鳴門孫崎。撮影チチクラゲ。
カワウ(若)・鳴門孫崎。撮影チチクラゲ。
羽を広げて乾かすウミウ(右)と、ヒメウ(左端)・鳴門ボラ山海岸
ヒメウ(左端)と、羽を広げて羽毛を乾かすウミウ(右)。鳴門ボラ山海岸。撮影チチクラゲ。

ヒメウとウミウは冬鳥として海に渡来しますが、カワウは留鳥として川と海のどちらにも棲みます。

カワウは1990年代まで稀な冬鳥でしたが、以後渡来数が漸増ぜんぞうし県内でも繁殖するようになりました。

鵜飼いについて

日本の鵜飼いに使われるウミウ
日本の鵜飼いに使われるウミウ(成)。鳴門孫崎。撮影チチクラゲ。

「ウ」といえば、鵜飼いを思い浮かべる人が多いと思います。

岐阜県長良川の鵜飼いは有名です。夜、川船に乗ってかがり火をたいて、鵜匠と呼ばれる人が10羽前後のウを操り、アユなどの魚を捕らせる漁法です。

岐阜県長良川の鵜飼の動画

 

鵜飼いの歴史は古く、古事記にもみられることから、それ以前から行われていたようです。

ところで、この鵜飼いに使われるウは、カワウでしょうか、ウミウでしょうか

 

中国では主にカワウを使っているのですが、一方、日本ではウミウを利用しています。なぜでしょうか。

中国にもカワウとウミウが棲んでいます。しかし、ウミウがいるのは海岸線に限られます。一方、カワウは海岸線と内陸部の両方に棲んでいます

このため、容易に捕獲できるカワウを利用したと考えられます。

 

さて、日本の場合はどうでしょう。

古来日本ではほとんどウミウだけを利用してきました

日本では周囲を海に囲まれているので、海岸線に棲むウミウを利用しやすかったと思います。しかし、カワウも海岸線に棲むため、カワウも容易に利用できたはずです。

しかし、日本ではカワウよりもウミウを優先して利用してきたのです。その理由は次の2点にあると私は考えています。

  1. ウミウはカワウより少し体が大きいことで、より多くの魚を捕らえることが出来るから。
  2. カワウよりウミウの方がおとなしく人に慣れやすいから。
チチクラゲ
ということで、鵜飼いにおいては、ウミウのほうがカワウより優れていたのかもしれません。

(注1) 菅原 浩・柿澤亮三 (1993)『図説日本鳥名由来辞典』(柏書房)
(注2)安部直哉・叶内拓哉(2008)『山渓名前図鑑・野鳥の名前』(山と渓谷社)

ウの名前の由来

カワウ・和田ノ鼻。撮影チチクラゲ。
カワウ・和田ノ鼻。撮影チチクラゲ。

「ウ」とは、何とも短い名前です。

世界で最も短い鳥名であると思われます。その語源について『図説日本鳥名由来辞典』(注1)によると、“う”は奈良時代から知られており、「“う”の語源についてははっきりしたことが分かっていない」と有ります。

また、『山渓名前図鑑・野鳥の名前』(注2)では、「ウは烏(からす)のように全身が黒い。そこで『烏』という漢字の音読み『ウ』を名前にしたのではないか?」としています。

チチクラゲの新説!ウの名前の由来

カワウ成(着水時、尾羽でバランス)・鳴門孫崎。
カワウ(成鳥。着水時、尾羽でバランス)・鳴門孫崎。撮影チチクラゲ。

私はウの語源がアイヌ語にあるのではないかと考えています。

ウのアイヌ語名は [ウリまたはウリリ](注3)です。

北方に棲むウの仲間チシマウガラスPhalacrocorax urileの種名urile(ウリレ)は、「カムチャツカ地方でのこの鳥の呼び名」(注4)をとっています。

また、このウリまたはウリリの「ウ」は、アイヌ語(注5)では「お互いに」という意味があります。

そして「ウウェカラパ」は「集まる」を意味します。ウ科の鳥がよく群れる習性に関係がある言葉と考えられます。また「ウォロ」は「水中」をも意味します。

カワウコロニー・勝浦川河口中洲。群れてます。
カワウコロニー・勝浦川河口中洲。群れてます。撮影チチクラゲ。
ウミウとヒメウ・鳴門ボラ山海岸。群れるのが好きです。
ウミウとヒメウ・鳴門ボラ山海岸。群れるのが好きです。撮影チチクラゲ。

かつてアイヌ民族は関西周辺にまで住んでいたそうで、地名の「阿波あわ」、「明石あかし」、「富士ふじ」などは先住民のアイヌ語に由来するとも云われます。

大和民族が次第に北上する過程で、先住民の地名や身近な動植物の名前、たとえば「ウ」が大和言葉に取りいれられ、同化したとしても不思議ではないと考えられます。

(注3)『アイヌ語の動植物名単語辞典』・ウェブサイト
(注4)内田清一郎・島崎三郎(1987)『鳥類学名辞典』 東京大学出版会
(注5)『スキッピー秘蔵のアイヌ辞典』・ウェブサイト

まとめ

ウミウ(若)・鳴門孫崎。撮影チチクラゲ。
ウミウ(若)・鳴門孫崎。撮影チチクラゲ。

ウについてのまとめです。

  1. 四国には、ヒメウ、カワウ、ウミウの3種がいる。
  2. 鵜飼いに使われていたのは、日本ではウミウ、中国ではカワウ。
  3. ウの語源については、からすのように黒いことから、『烏』の音読みである『ウ』を名前にした説があるが、はっきりと分かっていない。
  4. チチクラゲが唱える名前の由来の新説:ウのアイヌ語名 [ウリまたはウリリ]が、大和言葉に取りいれられ、同化したのではないか

次回はミゾゴイです。

チチクラゲ
お楽しみに!ツァイチェン!
↓家族で頑張っていきます!クリックで応援お願いします↓

ファミリーランキング
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
OLYMPUS/星空・天体観察/バードウォッチング/ライブ・コンサート/スポーツ観戦/アウトドア全般に使えます。
大人のためのバードウォッチング入門書の決定版