江川・鴨島公園。5歳の天才画伯あらわる!感動しっぱなしでしたの!

ハハクラゲ
こんにちは!ハハクラゲだよ!

2021年5月3日(月)、徳島県吉野川市鴨島かもじま町の「江川えがわ鴨島かもじま公園」に仲間たちとスケッチに行ってきた。

そこで出会った天才画伯!

もう感動して感動して感動しっぱなし!

良かったら見て下さい!

 

天才画伯の登場!

徳島県。江川・鴨島公園
江川・鴨島公園。撮影ハハクラゲ。

 

屋外で絵を描いていると、のぞきに来てくれたり、話しかけてくれることはよくある。

先日も、すっかり打ち解けて、仲良くなった心の友がいた。

 

そして今日、現れたのは、なんと5歳の少年だった。

江川・鴨島公園。少年との出会い。
江川・鴨島公園にて。5歳のA君。写真の当ブログ掲載の許可を頂きました。撮影ハハクラゲ。

 

「僕も絵を描きたい」

 

突然現れた、かわいい男の子が、真面目な顔で言った。

「ご迷惑よ」と少年のお母さんが仰る。

 

私は、つい嬉しくなって、「じゃあ描いてみる?」

男の子の要望に応えて見たくなった。

小さめの画用紙を取り出してあげた。

近くのデッキに誘導して、やわらかい芯の6Bの鉛筆を手渡した。

恐縮しきりの、可愛らしいお母さんが、子どもをなだめようとしたけれど、少年は動こうとしない。

 

少年の名前はA君。

5歳である。

 

落書きくらいしてくれたらいいかな?

と思っていた。

 

A君が江川・鴨島公園を描く!

江川・鴨島公園と少年画伯
江川・鴨島公園にて。A君のスケッチが始まる。

 

鉛筆を握りしめたA君は、背の高い桜の木を少し見上げて、一気に描きだした。

江川・鴨島公園
江川・鴨島公園でスケッチに夢中なA君

二本の木をしっかり描いて、葉をつけて、実を描いた。

そして、その横に、実に食いつく首の長い恐竜まで描いてくれた。

江川・鴨島公園でのスケッチ
木と恐竜をしっかりと描き上げたA君

 

恐竜の名前も教えてくれたけれど、残念ながらそれは難しくて覚えられなかった。

A君は、しっかりデッサンを終えた。

 

A君、水彩画にも挑戦!

そして、

「色も塗りたい」と言うではないか。

 

お母さんもあきらめて、じっとA君を見守っている。

私は、細めの筆を差し出して、筆洗ひっせんを置いた。

おそらく、生まれて初めてであろう水彩に、恐れることもなく、チャレンジしている。

江川・鴨島公園での水彩画
水彩絵の具を使って真剣に取り組むA君

 

最初は、水の加減がわからなくて、少し薄い色になった。

「もう少し水を少なくしたら?」

とアドバイスをすると、すぐに要領を得て、次々と色を変えて、自分の絵を仕上げてゆくのだ。

木は木らしく。恐竜は恐竜らしく、そして、やがて背景まで描きこんでゆく。

そうして、「これで仕上がったよ」

と、筆をおいた。

江川・鴨島公園にて水彩画
A君の嬉しそうな笑顔。

 

感謝と感動のお別れ

江川・鴨島公園での水彩画
A君の水彩画

 

なんて、なんて!すばらしいA君!

きちんと描き上げてくれた。

江川・鴨島公園にて水彩画
江川・鴨島公園で水彩画完成の記念撮影。

 

木漏こもの中で、描き上げた力作を誇らし気に持つA君。

A君はこれからも、きっと、どんな事にも、真剣に取り組んで、最後までやり遂げる人になるだろう。

 

人の出会いって本当に不思議だ。

絵を描いていたおかげで、こんな素敵な母子に、巡り合えて、最高の感動を頂いた。

凛々しいA君、爽やかなお母さま。

「本当にありがとうございました」

この原稿を書いていても、あの日のお二人の笑顔に、ついつい顔がほころんでくる。

 

ハハクラゲ

どうか、あの一枚が、A君の思い出としていつまでも心に残りますように。

↓家族で頑張っていきます!クリックで応援お願いします↓

ファミリーランキング
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村