大川原高原。神々しい雲海を拝す!ソフトクリームを食みてスケッチしてきましたの!

スポンサーリンク
ハハクラゲ
こんにちは!ハハクラゲだよ!

2021年7月12日(日)、またまた 大川原高原おおかわらこうげん の紫陽花を見に行ってきたよ!

悪天候に見舞われつつも、雲海も見れちゃったりして、なんだかんだ楽しかったので、良かったら見てください!

 

気合を入れて大川原高原へ

予定していたスケッチが雨天で延期、延期となり、3回目にしてやっと決行!

参加者5名。

今日は早起きして、頑張ってお弁当を作った。

エビフライに、野菜の牛肉巻き焼き、手羽先の唐揚げ、キュウリの昆布和え、レンコンのきんぴら、キュウリのちくわ巻き!

おにぎり色々と作ってみた。

友達を2人迎えて、大川原へと向かった。

 

イヤな予感

途中、ポツポツと雨が降ってきたので、「あやしい雲行きよね」と、皆にイヤな予感がする。

窓から空を見上げたが、空は晴れていた。

「通り雨よ」と言いながら、車を走らせた。

クネクネと、クネクネと、どれだけ言ってもカーブが続く。

後部座席の友達は酔いはしないかと、心配しつつ上っていった。

 

絵になる大川原

やっと風車が見えて、裾の方に紫陽花が見えた時は、「わぁーきれい」と、初めて来たNさんは驚きの声を上げた。

駐車場へ着くと、Tさんはいつものように、もうスケッチを始めていた。

「天文台を上から見下ろした構図がグッド」と、Tさんに導かれ、皆そちらへ向かった。

大川原高原の天文台と風車
大川原高原の天文台と風力発電用風車。撮影ハハクラゲ。

 

なるほど、絵になる。

でも暑いので、写真を撮って、小さな東屋あずまやの中へ、皆なだれこんだ。

丸いテーブルに丸い椅子。

大川原高原
大川原高原の東屋。撮影ハハクラゲ。

それぞれに描き始めたが、おしゃべりなんかは一向に止まらない。

 

最高のお弁当タイム

10時半ごろには、「もうお腹が空いたね」とか言いながら、11時半ぐらいまで我慢して描いて、やっとお弁当を広げた。

大川原高原
楽しいお弁当タイム。撮影ハハクラゲ。

 

この景色を眺めながら頂くお弁当は最高だ。

参加できなかったスケッチ仲間に写真を送ったり、雷雨を心配してくれる仲間が、お弁当を羨ましがってくれたりと、忙しいランチになった。

 

イヤな予感的中

ちょうどデザートを食べ終わった頃、下の方から白い霧雨が吹き上げてきて、みるみる黒雲が流れてきたりして、車に移動するハメになってしまった。

車に入るや否や、バリバリ、ゴーゴーと、すさまじい雷雨が襲ってきた。

もうどうしようもなく、3人で車の中で震えていた。

 

絶景なる雲海とソフトクリーム

40分くらい経っただろうか、スーッと雨があがり、気づくと何人もの人が山の下を見下ろしてカメラを向けていた。

大川原高原の雲海。
大川原高原の雲海。美しかった。撮影ハハクラゲ。

見事な雲海がはっきりと見えた。

 

しかし、それは束の間だった。

再び豪雨に襲われて、車に逃げ込む。

そして30分くらいして、急に青空になった。

 

「ソフトクリームおごります」

いきなりTさんが、気前よくごちそうしてくれた。

カップに入ったソフトクリームは、それはそれは濃厚で、なめらかな絶品でありました。

「ごちそうさまです」

やっとソフトクリームを完食したら、また雨!!

 

不安定な天気が続いた大川原高原
不安定な天気が続いた大川原高原。撮影ハハクラゲ。

 

「今日はもう無理ね」

13時だし、一枚描けたし、もう断念せざるを得ない状況。

霧の立ち込める道を下り始めた。

車の中でもいっぱいしゃべったから、気持ちは満たされた。

そんな豪雨に見舞われた大川原スケッチの一日でした。

 

大川原高原。スケッチ。
ソフトクリームをおごってくれたTさんの大川原高原スケッチ。

 

大川原高原。スケッチ。
ハハクラゲの大川原高原スケッチ。

 

スポンサーリンク