【RIZIN40】完全解説 クレベル・コイケ vs パトリシオ・ピットブル ベラトール対抗戦

2022年12月31。RIZIN40にて、ベラトール対抗戦が行われます。

RIZIN40で大注目の一戦、「クレベル・コイケ vs パトリシオ・ピットブル・フレイレ」が行われます。

 

これは、、、めちゃくちゃ面白そうな対戦です。

RIZINフェザー級では相手がいないレベルに強い現RIZINフェザー級王者クレベル・コイケ選手と、ベラトールパウンド・フォー・パウンド1位であり、現ベラトールフェザー級王者のパトリシオ・ピットブル・フレイレ選手。

団体の格ではベラトールがRIZINよりも上ですが、RIZINの王者2人(クレベル・コイケ選手とホベルト・サトシ・ソウザ選手)は別格の強さがあります。

今回は、RIZINフェザー級王者クレベル・コイケ vs ベラトールフェザー級王者パトリシオ・ピットブル・フレイレの勝敗予想を分析していきます。

 

スポンサーリンク

クレベル・コイケ vs パトリシオ・ピットブル・フレイレ

2022年12月31日の大晦日に行われます、「クレベル・コイケ vs パトリシオ・ピットブル・フレイレ」。

11月19日現在、BET CHANNEL のオッズは以下のようになっています。

クレベル・コイケ1.99
パトリシオ・ピットブル・フレイレ1.78

ほぼ互角ですが、若干パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手が有利。

まだ11月19日なので、ベット金額が少ない状態です。今後大きく変動すると予想されます。おそらくパトリシオ・ピットブル・フレイレ選手のオッズがさらに低くなると思います。

オッズが気になる方はBET CHANNEL を随時チェックしておきましょう。

 

クレベル・コイケ選手について

クレベル・コイケ選手についての解説です。

”柔術界の鬼神”
身長:178cm(リーチ183 cm)
年齢:33
MMA戦績:32勝5敗1分2KO 28一本
<タイトル>
第3代KSWフェザー級王座
第3代RIZINフェザー級王座
2020年にRIZIN参戦後からは破竹の6連勝(すべて1本勝ち)。
2019年にKSW(ポーランドの総合格闘技団体)でマテウス・ガムロット(UFC世界ライト級ランキング8位)に敗戦してからは、約3年間負けがありません。
※Wikipedia等ではクレベル・コイケ選手の戦績を37戦31勝としていますが、38戦32勝が正しいと思われます。

絞め技のスペシャリスト

【クレベル・コイケ 一本全集】All Submissions of Kleber Koike

クレベル・コイケ選手が得意とするのは、グラップリングです。

特に絞め技が上手く、28回の一本勝ちのうち、23回が絞め技です(三角絞め12回、リアネイキッドチョーク8回、ダースチョーク3回)。首以外のサブミッションでの勝利は腕ひしぎ十字固めが5回のみです。

足関節を狙うこともありますが、足関節での一本勝ちは一度もありません。

また、打撃での勝利は2009年にハイキックでのKO勝利と、2013年にパウンドでのTKO勝利の2回のみです。

32勝のうち28勝が一本勝ちで、一本勝ちの確率は脅威の88%。

グラウンドの展開になれば、クレベル・コイケ選手と対等に渡り合える選手はなかなかいないと思います。

 

意外に打撃も強いが…

クレベル・コイケ選手は実はシュートボクシングの試合にも出場しており、1勝1敗の戦績を残しています。

グラップリングだけではなく、打撃を磨いていた時代もあったようです。

一見、打撃は下手に見えますが、有効な打撃を入れることも多く、打撃からリズムを掴むことも少なくありません。

 

Full Fight | 牛久絢太郎 vs. クレベル・コイケ / Juntaro Ushiku vs. Kleber Koike - RIZIN.39

上の動画の牛久絢太郎選手との試合では、左ストレートでフラッシュダウンを奪っています。

独特な打撃の軌道が相手からしたら見えづらく、威力はないですが不意にもらうと効く打撃なのだと思います。

 

対戦相手のパトリシオ・ピットブル・フレイレ選手は165cmしかありませんが、クレベル・コイケ選手は身長178cmと長身です。

さらにリーチは183cmと長く、その長い手足を使っての変則的な打撃は、相手が慣れない内は有効だと思います。

 

ただし、やはり打撃はトップクラスと比べると見劣りします。

Full Fight | クレベル・コイケ vs. 佐々木憂流迦 / Kleber Koike vs. Ulka Sasaki - RIZIN TRIGGER 2nd

上の動画では、佐々木憂流迦選手に打撃でダウンを取られているシーンも見られます。

 

Full Fight | 朝倉未来 vs. クレベル・コイケ / Mikuru Asakura vs. Kleber Koike - RIZIN.28

上の動画では、寝技を切られた後に朝倉未来選手の打撃を数発もらって効いている様子があります。

 

決して打撃が弱くはないクレベル・コイケ選手ですが、佐々木憂流迦選手や朝倉未来選手にKOされかける場面を見ると、パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手相手には不安が大きいです。

 

ガムロット戦での完敗

クレベル・コイケ選手は今からちょうど4年前のKSWフェザー級王者決定戦で、マテウス・ガムロット選手に完敗しています。

後にマテウス・ガムロット選手はUFCに移籍し現在は4勝2敗の好成績をおさめて、ライト級8位に位置しています。

UFC8位になる実力者との対戦ということもあり、クレベル・コイケ選手は終始圧倒されていました。

タックルは切られ、引き込んでも立たれ、スタンドでは歯が立たず。全く良いところが無かった試合です。

パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手は、マテウス・ガムロット選手よりも強いとされており、クレベル・コイケ選手が4年前より大幅にレベルアップしていない限りは敗戦濃厚と予想されます。

 

スポンサーリンク

強者との対戦経験の少なさ

クレベル・コイケ選手はRIZIN最強のフェザー級の選手であることは間違いありません。

しかし、RIZINで倒してきたファイターを見ると世界レベルの選手はいません。

  • カイル・アグォン(元PXCバンタム級王者)
  • 摩嶋一整(現Rebel FCフェザー級王者)
  • 朝倉未来(元THE OUTSIDER 二階級王者)
  • 佐々木憂流迦(UFC 最高ランク13位。UFC4勝5敗)
  • 萩原京平(RIZIN 5勝5敗)
  • 牛久絢太郎(現DEEPフェザー級王者。元RIZIN世界フェザー級王者)

佐々木憂流迦選手以外はアジアの団体で活躍するに止まっている選手ばかりです。

最も苦戦した佐々木憂流迦選手もUFCでは負け越しており、佐々木憂流迦選手の全盛期も過ぎている状態での試合でした。

一方のパトリシオ・ピットブル・フレイレ選手は、現UFCライト級5位のマイケル・チャンドラー選手に圧勝しており、他にも世界トップクラスの選手と激闘を繰り広げて来ています。

その経験値の差が大きなハンデとなる可能性があります。

 

「死ぬ可能性がある」

RIZIN vs. Bellator 全面対抗戦でピットブルと戦います!RIZIN新王者クレベル・コイケの決意

上の動画でクレベル・コイケ選手が対戦相手のパトリシオ・ピットブル・フレイレ選手について語っています。

以下はその発言と解説です。

「彼はめちゃくめちゃ強くて有名。YouTuberじゃない、本物のファイター。彼がUFCに行ったらチャンピオンになっている。最低でも3位以内には入る。」

として、クレベル・コイケ選手はパトリシオ・ピットブル・フレイレ選手を最強の選手と考えているようです。

 

「自分にもチャンスはある。1%、2%、3%…。何%かわからないけど…。」

いつも強気な発言を繰り返しているクレベル・コイケ選手ですが、勝率は10%以下と自ら予想しています。

逆に言えば今まで対戦相手を煽っていたのは、トラッシュトークではなく本音だということになります。それゆえに、今回の勝率の低い予想から、相手との実力差が大きいことが分かります。

 

ここからはクレベル・コイケ選手が「死ぬ可能性」について考えている発言が繰り返されます。

「対戦相手がパトリシオ・ピットブル・フレイレと知って、びっくりしたし、びびっている。」

「みんなさぁ、私死んだらあとでサヨナラお願いします。こわい…。本当に怖くなっている。」

「私 次Acabou(終わり)かもしれない」

「彼が怒ったらやばい、死ぬじゃん。こわいよー。」

 

「彼との戦いはまるで新幹線に真正面から向かっていくようなものだ。もし新幹線を止めることができたら私はスーパーヒーローだね。」

 

「私は倒れてもただでは死なない。」

「私は死んだとしてもこの本当の戦争に立ち向かって皆の記憶に残ることを選ぶ。相手が強いのであれば立ち向かう。それが私たちのやり方だ。」

以上の発言より、試合で死ぬこともありえると本気で考えているようです。今までの相手とは別格であることがよくわかります。

そして死の恐怖をも克服して立ち向かう覚悟を決めています。

 

決死の覚悟を決めるまでには葛藤もあったようです。

「榊原社長に(OK社長いきます)と言ったけど、(なんでそんなこと言ったんだろう、私ばかだ)って思う。」

「みんな逃げてるけど私は戦っている。やばいなー。みんな逃げたけど私は逃げない。自分のポテンシャルを信じる。」

「私はぬるい王者になりたくない。逃げ隠れしている王者にはなりたくない。本当の王者になりたい。」

 

最終的には自分の力を信じて、逃げずに戦うことを決意したそうです。

多くのファイターがパトリシオ・ピットブル・フレイレ選手から逃げているようですが、命を賭して立ち向かうクレベル・コイケ選手には頑張って欲しいところです。

以下では、クレベル・コイケ選手にここまで言わせる「最強の男」パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手について解説していきます。

 

スポンサーリンク

パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手について

パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手についての解説です。

”狂犬”
身長:165cm(リーチ 166cm)
年齢35
戦績:34勝5敗11KO 12一本
<タイトル>
第6代Bellator世界フェザー級王座
第8代Bellator世界フェザー級王座
第10代Bellator世界フェザー級王座
第8代Bellator世界ライト級王座
2016年に元UFCライト級王者ベンソン・ヘンダーソンに右脚の負傷によるTKO負けを喫して以来、ベラトールで7連勝を飾ります。
その後、2021年にAJ・マッキーに一本負けをしますが、2022年に再びAJ・マッキーと戦い勝利。
直近の10月にはベラトールフェザー級1位のアダム・ボリッチにも勝利しています。
現ベラトールフェザー級王者。元ベラトールライト級王者。ベラトールパウンド・フォー・パウンド1位。
35歳にして最強を維持しています。

 

カウンターの達人

Top Ten Patricio Pitbull Finishes | Bellator MMA

パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手の武器といえばカウンターです。

相手が間合いに入ってきた瞬間に繰り出される左右のフックが非常に強烈で、多くの選手を葬ってきました。

 

パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手の構えはオーソドックスですが、空手のスタイルを少し取り入れています。

半身の姿勢で、左手を前に出して相手から攻め入られる隙を隠しています。

強引に隙を突こうと近づいてきた相手を正確無比なカウンターで仕留めます。

 

カウンターの反応速度も威力も高いのですが、基本的に左右のフックを一瞬で繰り出せるところが強みです。

近づくと左右からフックが飛んでくるため、かわすのは容易ではありません。

右のフックは特に強いのですが、左のフックが軽く当たっただけでも相手がダウンする場面も多々あり、どちらのフックも被弾は許されません。

 

軽いフットワーク

パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手は筋骨隆々で重たいイメージですが、前後への動きが非常に速い選手です。

カウンター主体ですが、相手の手数が少ないと見るや、すかさず懐に入り込み打撃で圧倒します。

また、相手が踏み込んで来れば、一瞬でバックステップをして距離を取ります。かと思えば、バックステップをせずにカウンターを合わせることもあります。

変幻自在のステップと、空手スタイルの隙の無い構えで、ケージ中央を支配することが多い選手です。

 

グラップリングも出来る

34勝のうち12回の一本勝ちがあります。

主に絞め技が多いですが、キムラロックやアームバー、ヒールフックなどの一本勝ちもあり、しっかりと極められるグラップリング技術を持っています。

相手のタックルを切ることもできますし、打撃が不利と思えば自らタックル主体の攻撃に切り替えることもできるクレバーさもあります。

また、泥試合にも強く、11回の判定勝ちをおさめています。ベラトールでは5分5Rの試合設定が多く、試合の後半はスタミナ勝負となりますが、よく勝ち切っています。生まれ持っての頑丈さや、強い精神力があるのだと思います。

MMAルールにおいては、完成された選手の一人と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

弱点

完璧に見えるパトリシオ・ピットブル・フレイレ選手ですが、弱点があります。

それはリーチの短さです。

パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手の身長は165cmですが、リーチも166cmと短いです。

 

パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手の最大のライバルである AJ・マッキー選手のリーチは187cmです。

パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手とAJ・マッキー選手の1試合目は、AJ・マッキー選手がリーチを活かして蹴りなどで牽制して主導権を握っていました。結果としてはAJ・マッキー選手が打撃でダウンを奪って、チョークで一本勝ちをしています。

他の選手にしても、パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手の間合いの外からのローキックや関節蹴りは有効な場面が多く見られます。

 

クレベル・コイケ選手のリーチも183cmと長いためキック主体で立ち回ると、パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手を少し困らせることになるかもしれません。

 

親日家

パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手は親日家として知られています。

記者会見でも度々、日本のことが気に入っているという発言をしており、「ずっと日本で試合をしたい」と発言することも多いです。

10代の頃から、ヴァンダレイ・シウバやマウリシオ・ショーグンと共にトレーニングを積んできたようで、同じブラジル人が日本で活躍する姿に憧れがあったそうです。当時はPRIDEが全盛の時代で、世界最高峰のMMAは日本が舞台でした。その憧れの地で試合が出来ることを喜んでいるようです。

また、兄のパトリッキー・ピットブル・フレイレ選手(現ベラトールライト級王者)はRIZINでも3試合を戦っており、これで兄弟揃って日本で試合することになりました。なにかと日本と縁のあるパトリシオ・ピットブル・フレイレ選手です(元々ベラトールCEOはK-1USAの責任者なので日本と関わりが深い)。

 

勝敗予想は…

「クレベル・コイケ vs パトリシオ・ピットブル・フレイレ」の好カード。

私の勝敗予想は、パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手の勝利です。

 

やはり、実績においても、試合内容を見ていてもパトリシオ・ピットブル・フレイレ選手の方が強く感じます。

今まではクレベル・コイケ選手は下手ウマな打撃から組み着くことが許されていましたが、今回はそれが許されません。

一回でも踏み込んだパンチを出した瞬間にカウンターでKOされると思います。

 

クレベル・コイケ選手に勝機があるとすれば、リーチの長さを活かしてキック主体で立ち回ることです。何度かキックをしている内に、パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手が飛び込んできますので、そこを狙って組みついて寝技の展開に持っていけるかどうかが鍵となるでしょう。

また、パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手が油断していれば、猪木・アリ状態からでも踏みつけやパウンドを仕掛けてきてくれるかもしれませんので、その時に引き込むチャンスがあると思います。

勝ち筋があるとすれば、その2点ぐらいでしょうか。今まで通りの近い距離でパンチをする戦い方では難しいと思います。

 

そして、クレベル・コイケ選手が弱気なところが吉と出るか凶と出るか注目です。

戦う前から戦意喪失気味なので、リングに上がった時にどういう精神状態になっているか不明です。テンパって勝てる試合を落としそうな気もしますし、逆に慎重になれて上手く寝技の展開に持っていける可能性もあります。

 

「リング」はクレベル・コイケに有利なのか?

今回はケージではなく、リングが舞台となっています。

ベラトールは金網で囲まれた円形状のマットですが、RIZINはボクシングのリングと同じ、ロープが張られた四角いマットとなっています。

 

クレベル・コイケ選手のような寝技主体のグラップラーはリングとケージどちらが有利なのでしょうか?

これは諸説あってはっきりしません。

 

今回の試合はリングで行いますが、この試合に限っていえば、クレベル・コイケ選手が有利な気がします。

リングの広さは約20畳、ケージの広さは約40畳弱あり、その差は倍近く違います。ケージがリングよりかなり広い作りとなっています。

また、ケージは円形のため端に追い詰められるということがありません。そのため金網際まで打撃で追い詰められても左右のどちらかから逃げ延びて仕切り直すことが可能です。

 

一方で、リングはケージよりも狭く、しかも四隅が角になっていて、端に追い詰められることがあります。端に追い詰められると真横や後方への移動が出来ないため、戦術が限定されて動きが読まれやすくなります。端で一方的に打撃を受けてKOされる例も少なくありません。

そのため、端に追い詰めることができるリングが、ストライカー有利なような気もしますが、そうでもありません。

 

一旦、寝技の展開になれば金網がなく、寝技を仕掛けられるスペースが広いリングのほうがグラップラー有利となる場合があります。また、金網を利用して立ち上がって寝技を切る選手もいますが、リングだとコーナーポストでしかそれを出来ません。

そして、パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手のようにパワーのある選手は、スクランブルになった際に金網に押し付けてそのまま殴ってきますが、リングだとその戦法も取りづらいというのもパワーで劣るクレベル・コイケ選手が有利な点といえるでしょう。

また、パトリシオ・ピットブル・フレイレ選手はリングでの試合をほとんど経験していません。リングにはリングの、ケージにはケージの技術というものがありますので、その技術や経験値がないために不覚をとる可能性もあります。

 

以上のように、リングは狭く、端に追い詰められる危険性もありますが、ひとたび寝技になれば金網よりも勝機が広がります。

クレベル・コイケ選手が宣言通り決死の覚悟が出来ているのでしたら、端に追い詰められても打撃をかいくぐってタックルを仕掛けられれば勝てる可能性があると思います。

確率的にはパトリシオ・ピットブル・フレイレ選手が勝利する可能性がかなり高いですが、クレベル・コイケ選手には奇跡を起こして欲しいと願っています。

 

勝敗予想が出来た方はベットして試合をより楽しみましょう!

bet-channel

Beebet → 登録時のプロモーションコード【10SPORTS】を記入すると、スポーツ用フリーベット10ドルもらえます。他のプロモーションコードとは併用できません。※登録時にエラーが出たり、ベットするまでに書類が多目です。
.
BET CHANNEL → 高オッズで勝ちやすい。必要書類が少なく、銀行振込をすれば次の日ぐらいにはすぐにベット可能。最初の入金額がそのままボーナスとして追加でもらえます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。他の記事も併せてご覧ください。

【RIZIN40】勝敗解説 ホベルト・サトシ・ソウザ vs AJ・マッキー ベラトール対抗戦

スポンサーリンク
error: Content is protected !!