【最新版】飯田将成の詳細まとめ。彼女・結婚歴・性格・趣味・特技から無期限停止処分とブレイキングダウンまでを徹底解説

今回はブレイキングダウンで一躍ヒーローになった「飯田将成(まさなり)」選手についての記事です。

私自身もいつの間にか飯田将成選手の虜になっています。

飯田将成選手のYouTubeInstagramTwitterを是非ご覧ください。

 

そんな魅力的な飯田将成選手のパーソナルな部分にスポットライトを当てて、詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク
目次

飯田将成選手の年齢・住所・身長体重

生年月日

飯田将成選手の生年月日は1986年1月23日生まれ(寅年)の36歳。

誕生月日が「1、2、3」で覚えやすいです。

 

出身地と現住所

飯田将成選手の出身地は岐阜県各務原市です。

現在住んでいる場所も岐阜県。自宅の周りは田んぼと山しかない田舎とのことです。

 

身長・体重

飯田将成選手の身長と体重についてです。

身長は 178cm で高身長ですね。

体重は普段は78kg〜83kg程度。
ボクシングの現役時代は約67kg(ウェルター級)だったのですが、今は67kgまではおろか、72〜3kgまで落とすことも難しいらしいです。72〜3kgまで絞ると、細くなりすぎてガリガリになってしまうとのことです。

握力・バランス能力

握力は90kgもあるようです。

割り箸を握り込んだだけで、割り箸が折れてしまいます。

そういう不便なことが握力90kgあれば多々あるそうです。

 

また、飯田将成選手は、バランスボールに立つことが1回目で出来たらしいです。

「バランス感覚はいいのかな?」と飯田将成選手自身も思っているそうです。

実際に、初めてのウェイクサーフィンで1発目から手離しで立つことができていました。

 

呼び名

飯田将成選手をファンは「飯田さん」と呼ぶことが多いと思いますが、仲間内からは「まさ兄(にい)」と呼ばれることが多いようです。

また、友達が少ないと公言しており、ジョーブログ氏などの友達が出来た時はとても喜んでいました。

ジョーブログを「ジョー」と呼んでいいか本人に確認して、了承を得たのちに嬉しそうに「ジョー」と呼んでいます。

 

整形について

誰しもが飯田将成選手のことをイケメンと言いますが、整形はしているのでしょうか?

整形に関しては本人が否定しています。

何も整形はしていないとのことです。

むしろ、鼻は曲がっているようです。

喧嘩なのか事故なのかは分かりませんが、鼻が折れた際に、折れたまま繋がってしまい、今でも若干曲がっているそうです。

 

スポンサーリンク

現在の仕事は?

飯田将成選手は、愛知県一宮市にある「武神ボクシングジム」を経営しています。

上の画像は「武神ボクシングジム」のHPです。

 

飯田将成選手が25歳の時にジムの経営を始めました。11年間続いているジムです。

ボクシングとキックボクシングを主に指導しています。プロ育成要素は少なく、基礎の技術だけを指導。

女性も多数参加するエクササイズが中心の練習内容となっています。

 

ただし、現時点では入会を制限しています。ジムに入りきれなくなることと、飯田将成選手自身が練習したいために、新規入会をお断りしています。

飯田将成選手は、岐阜市の自宅から愛知県一宮市の武神ボクシングジムまで、15分ぐらいかけて車で通勤しています。

 

彼女・結婚歴・好きなタイプは?

イケメン・高身長・優しくて強い、という男の仇のような飯田将成選手です。

そんな彼に彼女はいるのでしょうか?そして結婚歴はあるのでしょうか?好きな女性のタイプについても解説します。

 

彼女について

現在、飯田将成選手に彼女がいるかどうかは不明です。

しかし、14、5歳の時に付き合っていた彼女がいました。その彼女とは約9年間ほど付き合っていたようです。

飯田将成選手は、ボクシングでチャンピオンになったらその彼女と結婚すると決めていました。

後述するある事件により、無期限停止処分を受けてチャンピオンになる夢が叶わず、結婚の価値観の違いで9年間の付き合いにピリオドを打ったとのことです。

 

結婚歴について

飯田将成選手は未婚のようです。

現在36歳で、結婚願望はあるとのこと。

「チャンピオンになりたい」「有名になりたい」という自分のやりたいことを優先する時期が長く、結婚には至らなかったということです。

無期限停止処分を受けてから13年間、表舞台に立てなかったため、夢を叶えられませんでした。その夢を叶えられないと、次に進めないという気持ちが強く、結婚についても前のめりになれていなかったそうです。

 

好きな女性のタイプについて

飯田将成選手が好きな女性のタイプを語っていました。

清楚な女性が割とタイプ。
飯田将成選手自身が、釣りをしたり公園散策したりアウトドア派なので、それに付き合ってくれる女性が良い。そういうのを一緒に楽しめる人がタイプ。
ロードワークするときに、自転車でついてきてくれたり、トレーニングについてきて応援してくれる人がタイプ。
食べるのが好きなので食の好みが合う人がタイプ。
昔はロングヘアーが好きで最近はショートヘアーが好き。
一目惚れをしたことがなく、徐々に好きになるので、好きになる人のタイプは実際はバラバラ。
好きな芸能人があまりいない。みなさん綺麗だと思うけど、この人というのは昔からいない。

ということで、要約すると

「清楚でアウトドア派でトレーニングに付き合ってくれて、食の好みが合って、ショートヘアー」の女性が好きのようです。

一目惚れはしたことがないため、徐々に好きになっていくみたいです。

 

女性ファンについて

ブレイキングダウンをきっかけに爆発的に人気が出ている飯田将成選手ですが、激増した女性ファンについてはどう考えているのでしょうか?

女性ファンに限らず、SNSでの応援コメント等にはすべて目を通しており、可能な限り返信はしているようです。

女性ファンだからといって特別扱いはしておらず、「ワンチャンもない」と硬派な姿勢を見せています。

ちなみに、YouTube登録者の男女比率は男性95%、女性5%。Instagramは男性6割、女性4割とのことです。

 

スポンサーリンク

趣味・特技

飯田将成選手の趣味や特技、好きなものについて解説していきます。

 

無類のジブリ好き

飯田将成選手のファンであれば誰でもご存知かと思いますが、ジブリをこよなく愛しています。

一番好きなジブリ作品は、魔女の宅急便。もののけ姫や千と千尋の神隠しも好きとのことです。

ジブリ作品を何度も繰り返し観ています。観ると気持ちが落ち着くそうです。

今でも寝る前にジブリ作品を観たりしているそうです。

 

ジブリ好きなのはギャップ萌えの演出ではなく、昔から筋金入りのジブリファンだったようです。飯田将成選手が経営する武神ボクシングジムには、ジムを建てた当初からジブリグッズが置かれています。

武神ボクシングジムの女子更衣室前にはトトログッズが置かれています。

 

トイレにもジブリグッズがおしゃれに配置されています。

 

外出先でも、トトロのタオルを持ち歩いています。

 

飯田将成選手のスマホにはまっくろくろすけが付いています。

 

 

映画好き

ジブリ以外にも映画は好きとのことです。

特にディズニーファンでもあり、ラプンツェル等が好みのようです。リトルマーメイドの歌も気に入っています。

トイストーリーも好きで、人形が喋るのが面白いようです。人形が捨てられなくなっているそうです。

ディズニー以外にも、アクションからホラーまで幅広く見ていると語っていました。

 

外食好きで、料理もできる

休日は外食に行くことが多いようです。

一時期カフェ巡りにもハマっていました。かき氷巡りも好きです。

食べ歩きは1日に5〜6軒以上は回るとのことです。1軒あたりで食べる量を決めずに、好きなものを注文するそうです。それで5〜6軒回れるということは大食漢であることがわかります。

 

また、休日以外は自炊することが多いようです。あまり凝ったものは作らず、卵を焼いたり、肉を焼いたり、野菜を焼いたり、焼く系の料理が多いそうです。

しかし、凝ったものを作るとクオリティがとても高いです。

このお弁当は、飯田将成選手の手作りです。ジムの会員のお子様に作りましたが、キャラ弁当を作ったのはこれが初めてとのことです。

初めてでこの完成度は素晴らしいと思います。

 

好きな食べ物・嫌いな食べ物

飯田将成選手の好きな食べ物は、肉と刺身です。

飯田将成選手がコストコで肉を買うシーンです。

大きな肉を買っていますが、大量のプロテインが特に目立ちます。

 

また、甘党でもあり、雪見大福やお餅などの、白くてモチモチしたものが好きです。一度甘いもの食べ出すと止まらなくなるそうです。

感情を表に出すタイプではなく、内に秘めるタイプとのことで、美味しいものを食べても(美味しいなぁー)と心の中で思っているようです。

 

本人いわく「めちゃくちゃ喉が乾くタイプ」とのことで、YouTubeでの対談動画などではしきりに水を飲んでいます。

 

嫌いな食べ物はトマトです。小学生の頃から食べられなくなっています。

そして猫舌です。熱いものはすぐには食べられません。

 

お酒も飲める

お酒はビールとレモンサワーを好んで飲みますが、他のお酒は飲めません。

飲んでも週2~3回ぐらいの頻度です。週末は外食が多いので、週末に飲む機会が多くなります。

3~4杯のときもあれば20杯飲む時もあるそうです。

しかし、断酒することも出来、飲まない時は1~2ヶ月飲みません。

 

20歳のころは40本ぐらい飲んでも酔わなかった時期があるみたいですが、段々とお酒が弱くなっているそうです。

若い頃は無茶して吐いたこともたくさんありますが、今は吐くまでは飲みません。

245歳ぐらいで落ち着いて飲むようになったと語っていました。夜のお店には20代ぐらいまで行っていましたが、今は全然行かないそうです。

今はビール5、6杯飲むと、酔い度は4割ぐらいに達するそうです。

酔うとちょっとテンションが上がるくらいで、ほとんど変わらないタイプのようです。

 

自然好き

飯田将成選手は自然をとても愛しています。

涼しい時は公園でのんびり過ごして、自然の中でぼーっとするのが趣味のようです。ジブリ映画も自然がよく出てくる作品を好む傾向があります。

自宅の周りも田んぼと山に囲まれており、ほとんど人がいないみたいです。東京のような人が多いところよりも、自然豊かな静かな地を好んで暮らしているのだと思います。

 

動物好き

動物が大好きな飯田将成選手です。

特に犬と猫が好きで、パグとチワワ、ペルシャ猫を飼っているようです。

 

また、有名になって稼いだお金で動物の保護施設みたいなものに協力したいと語っています。飯田将成選手自身も、7匹ほど保健所からもらい受けたこともあったようです。

後藤祐樹選手とのコラボ動画で、保護施設の紹介をしていました。ブレイキングダウンで知名度が上がって、夢が叶ってきています。

 

飯田将成選手の動物好きはYouTubeからも伝わってきます。

飯田将成選手は武神ボクシングジムの宣伝のためにYouTubeを始めたと語っていましたが、初めて上げたYouTubeが下の動画です。

【パグ赤ちゃん】我が家で7匹産まれましたw

ジムの宣伝は全くなく、パグの赤ちゃんを愛でるだけの動画でした。

本当に動物好きなのが伝わってきます。

 

特技

飯田将成選手の意外な特技のひとつに、「画力が高い」というのが挙げられます。

どこで習ったのか、元々素質があったのかは謎ですが、飯田将成選手が描いた絵はかなり上手いと思います。

上の色紙に描かれている絵は、すべて飯田将成選手が描いたものです。

各漫画のキャラクターのタッチをよくマネできていると思います。

作者から武神ボクシングジムへ贈られている風にしているところも面白いですね。

 

また、普段の喋りはゆっくりですが、早口言葉が得意な一面もあります。

「生麦・生米・生卵」を3回早口で言い切ることが出来ます。

ちなみに、自分では普段から結構早口だと思っているようです。

 

スポンサーリンク

苦手なもの・怖いもの・欠点

苦手なもの・怖いもの

飯田将成選手の苦手なものや怖いもの、欠点はあるのでしょうか?

実は飯田将成選手は高所恐怖症です。

観覧車も乗れないほどに、高いところは苦手なようです。

Youtube動画では、高所恐怖症にも関わらず、日本一高いバンジージャンプに挑戦して飛ぶことが出来ていました。

流石の飯田将成選手でも、絶叫していました。

【日本一高いバンジーに挑戦】挑戦こそ人生♪

 

そして、怖いものは何かというと、夜が怖いらしいです。お化けが怖いのでしょうか?とにかく夜になると怖くなるそうです。

 

欠点について

朝倉未来氏との対談にて、飯田将成選手の自らの欠点は何かという質問をされていました。

いつも謙虚な飯田将成選手は、自分の欠点が何かということを、しばらく考えていました。

結局最後まで答えが見つかりませんでした。

飯田将成選手「欠点?…欠点? …欠点ですか?w」
朝倉未来氏「無いっすねやっぱ」

と笑顔で悩まれていました。

飯田将成選手は謙虚で相手を立てるタイプの人ですが、自分には絶大な自信があるのだと思います。

 

ファッションについて

とてもオシャレな飯田将成選手ですが、服装はユニクロをよく着るそうです。

ユニクロの無地の服をよく着ることが多く、ブランドを着ることもありますが、たまにしか着ないそうです。

他に、BLACK LAB. を着ている動画や写真も見られます。

イケメンは何を着ても似合いそうです。

そして、金一封のしまい方もかっこいいです。

 

サングラスはレイバン RB4259F (60119, 53mm)

飯田将成選手はよくサングラスをかけており、とても似合っています。

そのサングラスの商品名は「Ray-Ban(レイバン)サングラスRB4259」です。

1万円台で購入可能です。

 

スポンサーリンク

タトゥーについて

飯田将成選手の四肢と胴体にはタトゥーが入っています。

反社という意味ではなく、ファッションで入れているようです。昔からタトゥーがカッコよかったと述べています。

しかし、タトゥーを入れるまでに34ヶ月悩んだそうです。タトゥーを入れて後悔する人も多いのを知っていました。

 

そんなこともあり、タトゥーを入れるかどうか毎日のように考えていたようです。

しかし、何年先になっても結局ずっと悩んでいるような気がして、そんなに悩み続ける人生も良くないと思い、タトゥーを入れる決断をしました。

タトゥーを入れる時は、かなり痛かったそうです。

全部で約100時間かかりました。

花柄や龍と鷲、「不退」や「挑戦こそ人生」という文字等が彫られています。

 

タトゥーはボクシング時代のころから左肩に入れていました。

ファンデーションで隠して試合に出場していたようです。

ボクシングをやっていると、胸とかには入れられませんので、後述する「無期限停止処分」を受けた後にタトゥーを入れたとのことです。

 

ファンや子供を大切にする

飯田将成選手は、ファンや子供にはとても優しい印象があります。上の画像はおかげ横丁にて、景品を見ず知らずの子供に手渡すシーンです。

子供もとても喜んでいます。

 

何人ものファンの方々とフレンドリーに接していました。しかもファンは、若い女性から中年の男性まで幅広い年齢層の方がいます。

飯田将成選手は、多くの人に親しみを持たれているようです。

 

ジムの会員の子供には手作りジブリ弁当を振る舞っています。そして公園で一緒に遊んでいます。

どちらかというと、子供よりも飯田将成選手のほうが無邪気に遊んでいて、子供と接するのが好きな優しい性格であることが分かります。

 

にっけん君 にもプレゼント

飯田将成選手は、ファンや子供だけではなく、拳を交えた選手にも優しさを見せます。

ブレイキングダウン5で戦った にっけん君とのコラボ動画では、にっけん君のためにプレゼントを購入していました。

 

おそらく上の商品と同じ物をにっけん君にプレゼントしました。

突然手を握られ照れる にっけん君。

飯田将成選手は「飛行石なので、今度のブレイキングダウンで首に飾っておいてもらえればw バルスと叫ぶと光るみたいなんで」と話し、にっけん君も了承しました。

 

そして、ブレイキングダウンのオーディションにて、にっけん君は約束通り飛行石をつけてやってきました。

しかし、結果は良いところなく落選。

オーディション後の会場で、飯田将成選手とにっけん君は会話をしています。

#139【Breaking down6】全カットされた男の舞台裏【将兄との邂逅〜バルス〜】

飯田将成選手「飛行石が目に入って、気にしてたんですけど…。光らなかったですね」
にっけん君「気持ち察したのか、緊張してたのか光らなかったです」
飯田将成選手「遠目から見てて、あれ?なかなか光らんなってw」
にっけん君「とりあえず光らせようとして、バルスって言ったんだけど、カメラに撮られていなかった」
飯田将成選手「ありがとうございます。(持ってきてくれて)嬉しかったです」

と笑い合いながら話していました。

 

人を立てる優しさ

8/11 YA-MANがぱんちゃん璃奈と飯田とで◯◯! breakingdown ブレイキングダウン

上の動画はYA-MAN選手と、ぱんちゃん璃奈選手たちとお店に行っている場面です。

YA-MAN選手が会計をするために席を離れています。

 

動画の2分ごろ、ぱんちゃん璃奈選手は、YA-MAN選手が全額払ってくれたのか?と飯田将成選手に聞きます。

実はYA-MAN選手と飯田将成たちで人数割りでお金を出していますが、飯田将成選手はYA-MAN選手が全額払ったと言って、YA-MAN選手の株を上げようとします。

このように、人を立てる度量の広さもまた素晴らしいところですね。

 

スポンサーリンク

日々の練習メニュー

飯田将成選手の格闘家として恵まれた体躯はどのようにして生み出されたのでしょうか?

日々の練習メニューについて飯田将成選手が語っていました。

基本的には、自らが経営する愛知県一宮町の武神ボクシングジムで練習をしています。

 

筋トレが30分前後で、ジムワークも340分ぐらい。それを週3〜4回行っているようです。

【背中筋トレ】

上の動画は飯田将成選手の筋トレ風景です。個人的には最後の懸垂パントマイムみたいなのがキレイで凄いと思いました。

また、朝はランニングに出ることもあるそうです。

 

しかし、トレーナーもおらず、ミットを持ってくれる人もいないため、ミット打ちも満足には出来ていない現状があります。

練習を教えてくれる人もいません。

スパーリングも出来ておらず、シャドーやサンドバッグ打ちで試合に臨んでいます。

強くなるために、トレーナーをつけたり、出稽古に行くことも考えているとのことです。

 

既にとても強い飯田将成選手ですが、練習環境は良好とは言えません。

東京で切磋琢磨したい気持ちと、地元で自然と触れ合いながらトレーニングする暮らし。どちらを選ぶかで少し迷っている印象もあります。

 

鍛え抜かれた拳

ポーランドの刺客選手も驚くような拳の硬さをしている飯田将成選手。

拳が盛り上がっており、鍛錬を怠っていないことがわかります。

 

朝倉海選手も驚く体力

朝倉海選手やこめお選手などとの階段ダッシュのコラボ動画にて、飯田将成選手は誰よりも多い合計8本の階段ダッシュを行なっていました(合計1700段以上)。

朝倉海選手以外は全員がバテて動けなくなる中、体重の一番重い飯田将成選手は笑顔を見せながら走り切っていました。

朝倉海選手やこめお選手も口を揃えて「飯田さんは化け物」と話していました。

プロボクサーを辞めた後も、腐らずに鍛え続けた努力と精神力に脱帽します。

 

ベンチプレスは110kg

飯田将成選手は、過去にはスミスマシン・ベンチプレスで150kgまで挙げたことがあるようですが、今は手首は肘を痛めており70〜80kgを数セットやるようなトレーニングに切り替えています。

現在、飯田将成選手はベンチプレス110kg(スミスマシンではない)を挙げることができます。

筋肉YouTuberのJIN氏も「初めてで110kgはポテンシャルが凄い」と飯田将成選手を褒めており、「慣れていったら、140kgぐらいは軽々挙げられそうですね」と潜在能力の高さを認めています。

 

 

試合前のルーティーン

飯田将成選手はボクシングやキックボクシング、そしてブレイキングダウン等に出場しています。

その試合前にはどうのような準備やルーティーンワークがあるのでしょうか?

 

試合前の食欲について

試合前は食欲が湧かないタイプのようです。

バナナやゼリー系を飲むぐらいで、減量をリカバリーするためのエネルギーを十分に補給できないタイプであることを明かしています。

 

試合前は断酒

また、試合前は断酒をします。

試合の1ヶ月前からお酒は全く飲みません。お酒を飲んでしまうと回復力が落ちるそうです。

7本、8本とか飲んでしまうと、次の日気だるくなるようです。そのためちょっとでも体調をよくする為に試合前は1本も飲まないように決めています。

 

ウォーミングアップについて

ボクサーはウォーミングアップは念入りにするようです。汗を結構かいて休みます。ほとんどの選手は試合前に1回心拍数を大きく上げるようです。

しかし、飯田将成選手は、あまりウォーミングアップはしないとのことです

2022年にアマチュアベルトを取った時もウォーミングアップはしませんでした。

ウォーミングアップをすると、体が重いため疲れてしまうのかもしれないと自己分析していました。

 

試合直前に思うこと

入場曲はAK-69の「Flying B」を流しています

すごく耳に残り、気持ちが上がり、アドレナリンが出るからだそうです。

そして、リングに上がるとスッと落ち着きます。

また、相手選手と対峙した時に、「いけるな」と思うことはなかったようです。

「絶対ぶっ飛ばす」という思考しか頭にないようです。

 

にっけん君戦では、何が来ても右で合わせようと思っていたとのことです。

11月3日の啓之輔戦でもファーストコンタクトで右パンチを合わせていました。あの形が得意なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

子供の頃の夢と少年時代

飯田将成選手の小さい頃はジャッキー・チェンが好きで、アクションスターになる夢がありました。

そのため、モデルとかタレント業をやったことはありませんが、やってみたいと思ったことはあったそうです。

 

タバコを吸い始めたのは小学4年生

今でこそ落ち着いている飯田将成選手ですが、子供時代は大変やんちゃだったようです。

幼稚園からたびたび脱走を繰り返していました。

そして、初めてタバコを吸ったのは小学生4年生の時でした。

ちなみに、20歳でボクシングを始めてから、禁煙しているようです。

 

くだらない喧嘩が多かった

本人は多くは語りませんが、少年時代から喧嘩はよくしていたようです。

飯田将成選手がまだ15歳ぐらいの時に、旅行にいきました。

その時、公衆トイレに入っていると、40歳近いチンピラ風の男がドンドンドンドンと勢いよくドアを叩いてきました。

それに腹を立てた飯田将成選手は「まだう○こしとるやろうが!」と怒り、その男とトイレを譲る譲らないで揉めました。

 

飯田将成選手は「先に用を足すまでまっとけ」と言い、お互い用を足すのを待って、駐車場で喧嘩をしたそうです。

この喧嘩は「用足し事件」と呼ばれているようですが、このようなくだらないことでよく喧嘩になっていたそうです。

 

暴走族時代

飯田将成選手は、岐阜県の暴走族「鳳龍会」の第6代総長を務めていました。

暴走族時代の17、8歳の頃、傷害事件で少年鑑別所に入ったことが1度だけあるようです。

その鑑別所の中で、畑山隆則氏(元WBA世界スーパーフェザー級王者 元WBA世界ライト級王者)の本を読んでいたとのことです。畑山隆則氏が上京して成り上がるストーリーのようです。

また、鑑別所にいるときに、「ボクシングの世界チャンピオンが岐阜に来た」というのを新聞で見たようです。その人に教えてもらいたいと思い、鑑別所を出てからそのジムの門を叩きました。

元々、ボクシングには強い興味があったようです。

 

武勇伝?

暴走族時代の武勇伝を語っていました。

暴走族同士の5050の喧嘩があり、飯田将成選手も参加していました。

相手に向かって「お前らやるんか」と威嚇していたようです。

そんなこともありつつ、少し現場を離れていたところ、55のタイマンが始まっていることを知ります。

 

「勝手に始めやがって」と慌てて走って行くと、木の根っこでつまづいてみんなが見ている前でズッコケたようです。

それから1ヶ月ぐらいはずっと恥ずかしかったとのことです。

 

スポンサーリンク

ボクシング時代

少年鑑別所を出た飯田将成選手は、暴走族をやめて、20歳でボクシングを本格的に始めます(中学生の時に23ヶ月だけやって辞めています)。

前述した「ボクシングの世界チャンピオンが岐阜に来た」とは、故・星野敬太郎氏(元WBA世界ミニマム級王者)のことであり、コパン星野敬太郎ボクシングジムに所属することになりました。

 

ボクシングをやりはじめた動機は、「有名になりたかった」というのが大きいようです。まずはボクシングのチャンピオンになることで有名になり、それを踏み台にして当時大人気だったK-1へ出場するのが夢でした。

そのジムには星野敬太郎氏しか指導者がおらず、技術はすべて星野氏から教えてもらいました。

星野氏からは「パンチがあるね」と褒められ、数ヶ月後にプロ試験をすすめられます。

 

ボクシングをやり始めて、謙虚になる

少年時代からやんちゃで喧嘩に明け暮れていたであろう飯田将成選手ですが、格闘技をやり始めて変わったとのことです。

ボクシングを始めて、自分の弱さを知り、努力や継続の重要さを知りました。

いきがってても仕方ないと思うようになり、謙虚になれたと語っています。

 

しかし、後述する事件でボクシングの無期限停止処分を言い渡されます。

飯田将成選手は「ボクシングを始めてから落ち着いた、と思っていましたが、クビになったから変わってなかったのかもしれません」という旨の発言をしています。

 

破竹の勢いで日本ランカーになる

ボクシングをやり始めた当初は1kmも走れないほどにスタミナに課題がありました。

しかし、入門して34ヶ月でプロテストに合格し、さらに3ヶ月でプロデビュー戦にも勝利しました。

プロテストを含めてデビュー戦から4戦とも1RでのKOだったようです。

そのこともあり、日本ランカーになるのも早かったとのことです。

日本ランカーになったのはボクシングを始めて2年~3年後の23歳の時でした。

 

看板を蹴り、無期限停止処分

2011313日愛知・名古屋でのウェルター級8回戦が飯田将成選手にとって人生の転機となります。

その試合で、対戦相手の中嶋祐介選手のパンチより、フラッシュダウンしました。

フラッシュダウンなので、すぐに立ちあがったのですが、レフェリーは試合を止めました。

飯田将成選手の3RTKO負けとなりました。

それに納得がいかず、レフェリーを押し退けてしまい、リングを降りた後も椅子を蹴ってしまいました。

そして、一番印象を悪くしたのが、看板(ボード)を蹴ったことです。その看板に貼られてあったポスターは、東日本大震災の義援金を募る広告でした。この日は、震災があったわずか2日後のことだったのです。

飯田将成選手は怒りでポスターを全く見ていませんでした。

結果として、看板を蹴ったことが大きな要因となり、日本ボクシングコミッションから無期限停止処分を受けることになりました。

 

24歳まで現役でしたが、無期限停止処分があったので最後の1年ほどはジムに行ったり行かなかったり、練習もやったりやらなかったりという状態だったようです。

 

引用:Wikipedia

上の表は、飯田将成選手のボクシング時代の戦績です。

12戦9勝(7KO)3敗。日本ウェルター級10位のA級ボクサーです。

飯田将成選手本人は、KO率半分と言ってましたが、実際はKO率は78%もあります。試合数で割ると58%ですが、一般的には勝利数で割ります。

 

スポンサーリンク

夢を捨てきれずにジムを経営する

無期限停止処分を受けて、とても批判されたようです。

レフェリーを突き飛ばしたというニュースにもなりました。

当時の2ちゃんねる等でも批判されていたそうです。

それに関して飯田将成選手は、「自分がやったことなんでしょうがない」と反省しています。

 

無期限停止処分になった後も、色んなジムを回りましたが相手にされなかったようです。東京にも行きましたが、引き取ってくれるところがありませんでした。

 

それでも飯田将成選手はボクシングのチャンピオンになる夢を捨てきれませんでした。

自分でジムを開いて、復活できる道があれば探そうと考えついたのでした。

元々、人に教えるのが好きだったこともあり、ジムは11年間以上も続いています。

 

ジムを経営しながらも、289歳まで諦めずにボクシングに出られるチャンスを窺っていました。

しかし、結局その願いは叶いませんでした。

必死にボクシングにしがみき、チャンピオンになると決めて練習をしていましたが、30歳前という歳のこともあり、その夢は諦めたのでした。

 

交通事故で大怪我を負う

飯田将成選手は、今から4、5年前に交通事故に遭い、大怪我を負います。31歳ぐらいの時だと思います。

直進してきた車と接触し、ダッシュボードの下に飯田将成選手の膝が当たりました。

その衝撃で膝がベロンとめくれて膝蓋骨が見えました。

 

意識は完全にありました。

大きい道路で事故をしたので、20mぐらい片脚でケンケンして移動しました。

救急車を呼ばないとダメだと思って、また車までケンケンで戻ってケータイで電話をしたようです。

これが今までで1番痛かったらしいです。

この事故があったため、遊びでタックルを切る練習をした時に、膝に激痛が走ったことがあるそうです。

今は膝の痛みがありませんが、その時の怖さがいまだにあるようです。

 

スポンサーリンク

『BRIDGE』第2代ヘビー級チャンピオン

ボクシングの無期限停止処分を受けて13年後の36歳。

飯田将成選手は、どうしてもチャンピオンベルトの夢を諦めきれていませんでした。

ボクシングは出場できませんが、キックボクシングならば出場できます。

ということで、独学でキックボクシングを習い、まずはアマチュアのベルトを狙いました。

 

2022年5月28日、名古屋のアマチュアキックボクシング大会『BRIDGE』に参戦しました。

階級はヘビー級で出場。自分より体重の重い相手と戦いましたが、いずれもKO勝利し、第2代ヘビー級王座を獲得しました。

ちなみに、この試合はキックボクシングの試合ですが、キックは数発しか打っていないと思います。得意のパンチでチャンピオンに輝きました。

 

ブレイキングダウンの顔へ

『BRIDGE』でチャンピオンになれた飯田将成選手。

しかし、チャンピオンになっても有名になれる訳ではありませんでした。「チャンピオンに一応なれたからいいや」とこれ以上戦う意欲を無くしかけていました。

そんな時に、爆発的に人気を博していたのが「ブレイキングダウン」でした。

 

飯田将成選手がブレイキングダウンへの出場を決意した動機は単純です。

ボクシングの時と同様「有名になりたかった」からだと語っています。

まだ体が動くうちに完全燃焼したいと思っていました。

 

一度は落選したブレイキングダウン

しかし、飯田将成選手はブレイキングダウンの選考に一度落選しています。

それでも挫けずに、第5回のブレイキングダウンに再度応募しますが、もし落選したらそれで諦めようと思っていたようです。

落選すれば飯田将成選手にとっても、ブレイキングダウンの運営にとっても悲惨だったと思います。受かって良かったです。

 

オーディションは素の自分だった

飯田将成選手は、オーディションを回想して語っています。

歳のこともあり、これがラストチャンスと意気込んでオーディションに参加しました。

 

しかし、飯田将成選手は煽り合いができませんでした。

周りのみんなのキャラクターが強くて、引いていたようです。

その為、オーディションでは素のままで、普通にしているだけでした。もしふっかけられても、「暴れたりはしなかったと思う」とも言っています。

他はキャラクターが強かった為、受からないと思っていたそうです。

 

オーディションでは、技術というより、キャラクターを見られていたと感じたようです。

その為、オーディション会場で にっけん君との試合を言い渡されても、「本当に試合できるのかな?」と半信半疑だったと言います。

 

並々ならぬ闘志で人気を獲得

にっけん君との試合が正式に決まりました。

飯田将成選手は並々ならぬ決意でケージに上がります。

不遇の時代を13年間過ごしてきました。

年齢的にもこのチャンスを逃すわけにはいきません。

 

「有名になりたい」という悲願を達成する為に、判定で勝っても、ただ勝つだけではダメだと語っています。

派手に勝つか、十何秒という短い秒数で勝たないと注目されないことを飯田将成選手は知っていました。

 

勝ち方的なプレッシャーがすごくあったと述べています。

 

派手に勝つには大変なリスクも生じます。

飯田将成選手はこう言っています。

「1分で倒しにいこうとするんで、倒しにいこうとすればするほど被弾しやすくなる。ガードしてジャブすると1分間めちゃくちゃつまらない試合になる。倒しにいこうとすればするほどリスクが上がる。だから素人もプロに勝っちゃうし。それがブレイキングダウンの見どころですね」

 

初戦にして、ブレイキングダウンの醍醐味を理解しています。

 

そして、

「倒しにいこうとすればするほど、大ぶりになる。相手からももらいやすくなる。判定で倒せとなると、強い選手にもある程度勝てると思うけど、KOとなるとフルスイングでいくことになる。体重80kg なので一発もらうと危ないと思う。それでも出来るだけフルスイングで戦いたい」

そう語っていました。

 

この捨て身のフルスイングの戦い方で、強敵にっけん君を圧倒して一躍ブレイキングダウンの顔へと上り詰めるのでした。

 

スポンサーリンク

有名になって変わったこと

ブレイキングダウンの顔となり、一躍時の人となった飯田将成選手。

ブレイキングダウンに出る前のYouTubeは登録者数200人程度だったらしいですが、今や26万人にまで爆増しています(2022年11月7日時点)。

 

飯田将成選手は、悲願である有名人になれたことを素直に喜んでいます。

知名度が上がり、東京で撮影すると声をかけられることが増えました。

有名な方とコラボすることができて、今までの生活ではできなかった経験が出来ているようです。

SNS等でも応援コメントが多くて、素直に嬉しいと語っています。

しかし、岐阜の自宅に住んでいると、有名になったという実感は湧かないようです。自宅周辺は田んぼと山しかないため、歩いても誰もいないからだそうです。

 

まとめ

今回は、飯田将成選手のプライベートな部分を深掘りしてご紹介しました。

ジブリ好きでイケメンで強くて子供に優しく、ファンを大切にする好青年でした。

一方で、小4からタバコを吸い、傷害事件で少年鑑別所に入り、ボクシングでは無期限停止処分になるという悪事も働きましたが、しっかりと反省して今は健全に戦っている素晴らしい人格者だと思います。

 

そして、残念ながら11月3日に啓之輔選手にKO負けを喫しました。

悔しい思いをバネにしてブレイクした実力者ですので、また一段と強くなってケージに上がることを期待しています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。併せて他の記事もご覧ください。

【ブレイキングダウン】なぜ飯田将成をファンは見捨てなかったのか。 敗戦後も人気が続く意外な理由

 

スポンサーリンク
error: Content is protected !!