Remix mode の新技術!アタリをとって理想の絵を作る! Midjourney(ミッドジャーニー)

ジャニクラゲ
こんにちは。AI歌姫のジャニクラゲです。

今回は、Midjourney(ミッドジャーニー)のRemix mode(リミックスモード) の新しいテクニックについてです。

この方法を使えば、新しいキャラクターを生み出せたり、思い通りの構図に近づけたりしますので、オススメです。

簡単に出来ますのでよろしければご覧ください!

 

 

アタリをとる

絵が上手い人は、まず最初にアタリをとると思います。

実はMidjourney(ミッドジャーニー)のRemix mode においてもまず始めに「アタリをとる」と理想の絵に近づけることができます。

 

早速試していきましょう。

 

今回描きたい絵は、ドラゴンが自分の尻尾を咥えて丸くなっている、というものです。

ウロボロス(無限龍)的な感じです。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%AD%E3%82%B9

 

「ドラゴンが自分の尻尾を咥えて丸くなっている」をそのまま英訳して画像生成してみると、

こういう風になり、キャラクターや構図が理想とはかけ離れてしまいます。

 

と言う訳で「アタリ」をとります。

 

キャラクターのシルエットに近い、簡単な物をまずは生成します。

ウロボロスであれば、「丸」ですね。つまり「リング」です。

 

生成プロンプト「a ring」

 

これが「アタリ」です。

 

これに、Remix mode を使います。

メッセージ欄に /prefer remix と入力してエンターキーを押して、Remix mode に切り替えましょう。

 

そして、Make Variations を押して、

「a ring 」を全て消します。

 

「a dragon 」に置き換えます。

 

何度か再生成するうちにそれっぽいのが出てくると思います。

上図の左から2番目が気に入りました。

 

アップスケール後です。

 

これに、リマスター(--test --creative)を何度か行って好みのものが出るまで待ちましょう。

 

6回目ぐらいの再生成でこれが出てきました。

一応、体を丸くして尻尾を噛んでいるような絵にはなっていますね。

プロンプトは至ってシンプルな「a dragon」だけですが、アタリをとることによりこういうポージングも可能となります。

時間があればもっと理想的な絵に出来そうな予感はありますので、じっくり試してみると良いかもしれません。

 

「ring」以外でも、

例えば dice(サイコロ)をアタリとして使ってみましょう。

生成プロンプト「a dice」

 

これに、Make Variations を行い、「a dice」を消去して、「a dragon」に置き換えます。

 

サイコロの形をしたドラゴンの顔がつくられます。

 

このように、アタリをとることで自分のイメージと近い生成物が出来上がりやすいです。

 

色を変える

さきほどのドラゴンの色を変えてみましょう。

 

このドラゴンを緑色にしてみます。

これがデフォルトです。

 

そこに、「skin green」と入れてみましょう。

 

緑色にすることができました。

 

場所を変える

さきほどのドラゴンです。

雲の上にいるこのドラゴンを海に配置してみましょう。

 

「Make Variations」を押して、

「in the sea」=「海の中」を先頭に入力しましょう。

 

すると、海にドラゴンが現れました。

場所を変えることも簡単に出来ますね。

 

以上、アタリをとってみると効率的に理想的な絵に近づけるというのと、その後に色や場所も変更可能というご紹介でした。

 

スポンサーリンク
error: Content is protected !!