俳句に初挑戦してきましたの!「手で四角 季節切り取る 〇〇〇」

ハハクラゲ
こんにちは!ハハクラゲだよ!

2021年6月24日(木)、俳句に挑戦してきたよ!

ドキドキしながらの、俳句教室、初参加!

がんばって詠んできたので、よかったら見てください!

 

Yさんとの出会い

この前から園芸の講座も始めたのだけど、そこで知り合ったYさん。

そのYさんは「ガーデニングはもちろん、俳句も長年やってます」と自己紹介されていた。

俳句にも興味があったので、お声かけすると、

 

「やってみたら?ぜひいらっしゃい」と気さくに誘って頂いた。

 

何にでも顔を突っ込みたくなる性格上、すぐに入会のお願いをした。

「みんなが喜ぶと思うわ」って、何て上手に誘ってくれるのだろう!

そんな名ゼリフを聞いて、未経験の俳句に挑戦するのも、気が楽になった。

「来週いらっしゃい。3句用意してきてね」

 

プレバトの夏井いつき先生が大人気で、何気なく見ているだけの私が、俳句なんて作れるのだろうか?

まあいいや、物は試し、一回参加してみよう。

 

福島せいぎご住職

俳句教室。到着した場所は、あるゴルフ場。

感じの良いゲストハウスに、皆様揃われておりました。

 

そして、先生ご夫妻が登場。

そのお方は、かの有名な萬福寺まんぷくじの狸和尚こと、福島せいぎご住職でありました。

福島せいぎ氏
昭和13年徳島県徳島市生まれ。昭和38年「風」入会。沢木欣一に師事。昭和50年「なると」創刊に同人として参加。平成元年「なると」主宰・なると俳句会代表。句集に、『台湾優遊』(第一回台湾俳句文学賞受賞)『遊戯』(第七回文學の森賞優良賞受賞)ほか。著書に、『古玩愛贋』(第三十五回とくしま出版文化賞特別賞受賞)ほか。現在、真言宗万福寺名誉住職。「万象」同人。徳島新聞徳島俳壇選者。俳人協会会員。俳文学会会員。国際俳句交流協会会員。

 

徳島新聞俳壇選者はいだんせんじゃである。

俳句のハの字も知らぬ者が、恐れ多くて身の縮まる思いがしたが、優しく迎え入れて下さった。

 

俳句教室の実際

私は、下手な俳句を3句書いて提出。

皆さまの俳句をランダムに書き写し、後で、気に入った句を5句選ぶ。

プレバトと同じで、誰の作かはわからない。

自分の俳句が詠まれたら、俳号を名乗るといった感じだった。

 

モテモテ作者?

その中で、一番人気は、

「縛られし ままの恋文桜桃忌おうとうき

を詠まれた紳士の作品だった。

桜桃忌とは、太宰治だざいおさむの忌日で、「太宰忌だざいき」ともいう。俳句の季語にもなっている。

桜桃忌(太宰忌)
1948年6月13日、太宰は愛人・山崎富栄とともに玉川上水(東京都三鷹市付近)に入水自殺した。没年38歳。だが、遺体が上がったのは6日後の6月19日。くしくもこの日は、太宰の誕生日でもあったことから、太宰を偲ぶ日となった。「桜桃忌」の名付け親は、同郷で太宰と親交の深かった直木賞作家・今官一である。太宰晩年の短編小説「桜桃」の名にちなんで命名した。
コトバンクより引用:https://kotobank.jp/word/%E6%A1%9C%E6%A1%83%E5%BF%8C-188525

 

太宰治は妻と2人の子どもがありながら、多くの女性と浮名を流した。

「縛られし ままの恋文桜桃忌おうとうき」の作者は「さぞかし昔モテたのでしょう?」と皆様にはやされ、ずいぶんと盛り上がった。

 

ハハクラゲ、焦る

玫瑰ハマナスの 丘に上れば オホーツク」

俳句に誘って下さったYさんの句。

情景が目に浮かぶ素直な大きな句だと、先生に絶賛された。

私は「玫瑰」をハマナスと読めなくて焦った。

俳句には難しい字が沢山でてくる。

 

特に印象に残った作品たち

  • 睡蓮すいれんの 白花ひとつ藍屋敷あいやしき
  • 「雨音の 急に窓うつ緑雨りょくうかな」
  • 「たわわなる実梅みうめや土に 還るのみ」
  • 「あじさいの どの花とても 雨しずく」
  • 「夏至るる 一番星の 淋しげに」

どの句が、どなたの作か、私にはまだ書き記す余裕がなかったのだが、特に印象に残った句だった。

ハハクラゲ
俳句の会の皆さま方、よろしくお願い致します

 

ハハクラゲの句

私の句はというと…。

絵を描く時のことを思い出して、見たままを詠んでみた。

 

パレットの寒色かんしょく選び 夏描く

暑い夏を涼し気に描きたくて、あえて寒色を使ってスケッチしたことを詠んだ句だ。

 

手で四角 季節切り取る 夏の

両手で四角を作って、その中に夏の海を収めた光景を詠んだ句。

 

これらがハハクラゲの俳句デビュー作。

これからも、スケッチしながら俳句をひねり出す。

一石二鳥ではないか!

そしてハハクラゲも一人前に俳号を決めた。

その名は、飛鳥(ヒチョウ)

言うままでもなく、鳥マニアのチチクラゲの命名である!(ハハクラゲが、あちこち飛んでゆくかららしい)。

↓家族で頑張っていきます!クリックで応援お願いします↓

ファミリーランキング
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村